煙管 真鍮地 伊藤大次郎作
竜虎対峙図高肉片切り彫 明治初期 彫銀蔵








煙管 銀製  齊藤栄之助作(初代)
大正末期 彫銀蔵

関東大震災、戦災により彫銀に代々伝わる伊藤派作品は
ほとんど消失してしまいましたが 今まで集めた各派刀装金工達の優れた作品と、
唯一残された煙管です。 特に常信銘の四分一鐔は構図、高肉彫りをほどこした
見事なレリーフ、金象嵌の確かさなど、我々彫刻のプロが見ても惚れ惚れする逸品です。