家紋・梵字・龍・和風柄などをモチーフとしたリングやペンダントなどのシルバーアクセサリー、各種オリジナルオーダーメイドアクセサリーのを製造・販売しております。

彫銀(ほりぎん)
Kamon Series
家紋の分類

家紋にはさまざまな種類があり、それらはいくつかの形に分類されます。

---自然科学的分類---

【自然現象紋】(約12種)
日、月、星、雲、雪、山、水、波、他などで月、星、波は比較的単独で用いられる場合が多いのですが、他のものは何かを加えて形作っているものが多数です。

【植物紋】(約100種)
家紋の中で最も多く用いられています。日本では古代から植物に愛着を持ち、和歌にも数多く詠まれ草花の文様が衣類・調度品に盛んに用いられ、のちに家紋に転じました。
公家の家紋が車輿の文様から転化したことは、『大要抄』に徳大寺家がカ紋を、『尊卑文脈』に西園寺家が巴紋を車紋として用いたことが載っている。

【動物紋】(約42種)
動物紋は植物紋に比べ数が少ないです。この中には中国から渡来した文様から転じた鳳凰、竜など想像的な動物もあります。
動物の中で最も多いのは鳥紋で、魚紋は鯉紋以外はほとんど使用されていません。ただ魚に関連した網紋、鱗紋は用いられています。

【器具紋】(約135種)
器具紋には宗教的なもの、武具、家具、工具、楽器具、玩具、服飾具など種類は極めて多く素材として用いられています。

【建造物紋】(約16種)
この紋の中では神社関係のものが最も多く、他に家屋関係、土木関係のものもあります。

【文字紋】(約5種)
文字紋には家紋を文字で表したものや名字からとったものが多く、吉祥的な意味をもっています。
1字を用いたものが最も多く、書体は角字形が多く見られます。現在用いられている文字紋は800種類にも及びます。

【図符紋】(約10種)
あまり多く使用されていませんが、呪符から転じた九字、阿部晴明判などと図式で表した源氏香図、井田図などの紋があります。

【文様紋】(約23種)
文様紋は角、菱、引両、亀甲など直線的なものと、巴、輪、花菱、唐花、木瓜など曲線で構成されたものとがあります。
また他の部類と重複する鱗、枡、輪鼓(りゅうご)などもあります。

---信仰による分類---

【神に関係する紋】
神に関係ある動植物紋・・・鳥、鳩、葵、梶、柏、榊、梛、杉など
神社に関係ある建造物紋・・・石畳、鳥居、額、瑞垣など
神事に関係ある器具紋・・・鏡、剣、鈴、幣、瓶子、宝珠、折敷など

【仏教に関係する紋】
仏教に関係ある植物紋・・・蓮、茗荷など
仏教に関係ある器具紋・・・錫杖(しゃくじょう)、法螺(ほら)、打板(ちょうばん)など
その他の仏教紋・・・輪宝(りんぽう)、万字、巴など

【その他】
キリスト教紋・・・久留子(くるす)、祗園守りなど
儒教紋・・・八卦、太極図、井田など
禁呪紋・・・阿部晴明判

---その他の分類---

【芸能紋】
市川団十郎、中村勘労九郎、坂東玉三郎など

このページ内の内容は日本家紋研究会会長:千鹿野茂様著書の「日本家紋総鑑」、家紋デザイナー・沖のりこ様のHP、その他書籍を参考にしております。
「日本家紋総鑑」には更に詳しい内容やが多く掲載されております。図書館にて参照可能。

Copyright(c)2011 HORIGIN.All Rights Reserved.