家紋・梵字・龍・和風柄などをモチーフとしたリングやペンダントなどのシルバーアクセサリー、各種オリジナルオーダーメイドアクセサリーのを製造・販売しております。

彫銀(ほりぎん)
Kamon Series
家紋の雑学

【定紋(じょうもん)・替え紋とは】
家紋は一姓一家紋。一家一家紋というのが原則です。
しかし長い間には主人筋から賜ったり、敵片から奪い取ったり、妻の実家の紋を用いたりして一家でいくつもの持つようになり、その中から名字を代表する家紋を決めておく必要がありました。
その代表された紋を「定紋」と呼びます。
そしてそれ以外の紋を「替え紋」と呼びます。「定紋」は「表紋」「本紋」とも呼ばれ徳川時代には正式に幕府に届け出た紋で、その家の格式を表し公式の行事・儀式には必ずこれを用いました。
非公式の場合に用いられたのが「替え紋」で、これは「裏紋」「別紋」「控え紋」とも呼ばれます。

【賜紋とは】
「賜紋」とは皇室や公家など格式の高いものから賜った紋のことです。当然その紋は権威のあるもので、これを受けた者は名誉を誇り権勢を高めました。武家における賜紋は皇室や公家の場合より多く、権威ある将軍、大名より家紋を賜ることは一家の光栄とみなし、また与える方は忠誠を尽くさせる一助としました。

【譲与紋とは】
「譲与紋」とは「賜紋」のような功労に対するものではなく、家名相続や結婚関係に基づいたものです。

【略奪紋とは】
「略奪紋】は戦によって敵の紋章を奪い、自家の家紋としたものです。この例で有名なのが竜造寺氏が大友氏の軍勢に夜討ちをかけて破り杏葉の幕紋を奪って、元の剣菱の紋を改めてこの杏葉紋にしたというものです。当時、杏葉紋は九州の諸武士の憧れの紋でした。

【交換紋とは】
「交換紋」は互いに家紋を交換して用いたもので、民間では多く見られました。他に他家の紋、特に権威のある紋を許可なく勝手に自家の紋として用いることで、徳川時代に多く見られました。

【新紋とは】
家紋は姓氏と異なり法令もなく、家紋の使用・制作に関しては自由です。従来の家の観念から開放された明治時代以降、新しい家紋が作られたりもしました。
こうして作られた歴史の浅い家紋を「新紋」と呼びます。家紋デザイナー・沖のりこ様が制作している家紋ものもこれに当たります。

このページ内の内容は日本家紋研究会会長:千鹿野茂様著書の「日本家紋総鑑」、家紋デザイナー・沖のりこ様のHP、その他書籍を参考にしております。
「日本家紋総鑑」には更に詳しい内容やが多く掲載されております。図書館にて参照可能。

Copyright(c)2011 HORIGIN.All Rights Reserved.