三代目魚武濱田成夫の形見

ここでは「三代目魚武濱田成夫ウェブショップ【俺屋】で限定販売されているアイテムと2005年10月に発売された「三代目魚武濱田成夫の形見」に掲載されたアイテムを紹介しております。

三代目魚武濱田成夫ウェブショップ【俺屋】で限定販売されているアイテムは現在「魚武詩札」「魚武アーマーZIPPO」の2点となっております。
上記2点は三代目魚武濱田成夫ウェブショップ【俺屋】にてお買求めいただけます。

「三代目魚武濱田成夫の形見」に掲載されたアイテムはリング1点、ペンダント2点のラインナップとなっており、彫銀の熟練職人の技が惜しみなくつぎ込まれており、その全てが「形見」と呼ぶにふさわしい出来です。
こちらは現在のところ非売品となっております。

尚こちらで紹介したアイテムのサンプルが彫銀原宿店に展示してありますので興味のある方は是非お立ち寄り下さいませ。

【詩人・三代目魚武濱田成夫】「自分を誉め讃える作品」しかつくらない詩人。1963年11月12日 兵庫県西宮市生まれ。京都市日吉ヶ丘高美術工芸科(現、銅駝美術工芸高)にて漆芸を学ぶ。
詩集に『俺様は約束してないことを守ったりする。』、
『君が前の彼氏としたキスの回数なんて俺が3日で抜いてやるぜ』、
『世界が終わっても気にすんな俺の店はあいている』、
『駅の名前を全部言えるようなガキにだけは死んでもなりたくない』、
『俺には地球が止まって見えるぜ』、
『生きて百年ぐらいならうぬぼれつづけて生きたるぜ』、
『お前がこの世に5人いたとしても5人ともこの俺様の女にしてみせる』(以上角川文庫)がある。

その他にも、写真集『三代目魚武濱田成夫の形見-Katami-』
こども用詩集『こども用 三代目魚武濱田成夫詩集ZK』(学研)、
エッセイ集『人生よあなたはまるでこの俺様の子分。』(講談社)、
絵本『こころのなかのビルのお話』(メディアファクトリー)、
コミック『三代目魚武濱田成夫伝(1)』(画・ナカタニD./双葉社)などがある。

【彫銀】(有限会社斎藤彫刻) 本社 東京都墨田区 代表取締役 齋藤和秀
1916年創業の彫刻金型メーカー。そのルーツは古く江戸鐔師「武州伊藤派」の末裔としても
知られる。2000年よりスタートしたアクセサリーブランド「彫銀」により、日本の伝統美を現代風に
アレンジした数々の作品を発表。その高い品質は、究極の職人技との評価を受けている。

彫銀 原宿店  水曜日定休
Tel: (03)5412-8445 FAX(03)5412-8446 Email: info@horigin.com

 

 

【彫銀製 魚武詩札】 ※ 【俺屋】取り扱い商品
三代目魚武濱田成夫自身が発案、デザインし、自ら「詩札」と名付け、魚武本人が普段から身につけている物と、同じ素材(シルバー 950)、同じ仕様の物であり、彫銀によって一点一点製作される受注生産品であり、まさに魚武の詩と斬新な発想、そして彫銀の奇跡的な技術が出会う事によって初めて実現しうる最新の「魚武形見作品」でございます。

魚武詩札詳細
表面には魚武モノグラムマーク、裏面には魚武の詩を彫刻した彫銀制作によるシルバー製の「魚武詩札」です。表面に浮き出た魚武モノグラムマークの周りには、江戸時代から続く伝統技法「魚々子(ななこ)」文様が施されています。江戸金工の末裔である「彫銀」が江戸時代より受け継いだ伝統技法に加え、最新の彫刻技術を駆使して、江戸時代にはなし得なかった世界最小の魚々子模様に挑戦した逸品です。
裏面には、魚武の詩(全10種類)が彫刻されています。魚武自身の発案により、この「詩札」を身につけた方自身が、首から下げた状態で、いつでもこの詩を読めるようにするため、あえて文字を逆さまに彫刻しています。この詩は他人に見せるためのものではなく「詩札」を身につけた方自身が、いつでも、どんな時でも読めるためのものであるわけです。魚武曰わく「この詩札は俺の詩集からの、詩のシングルカットという発想であり、さらには詩の御守り、つまり詩守りという発想である。」。



「一俺」
 

【彫銀製 魚武 Armor ZIPPO 】※ 【俺屋】取り扱い商品
三代目魚武濱田成夫デザイン、彫銀製作による、魚武本人が愛用している物と全く同じ素材、同じ仕様の魚武ZIPPOライターでございます。

魚武 Armor ZIPPO詳細
ライター片面には「魚武モノグラムマーク」、片面には「俺ロゴ」&「三代目魚武濱田成夫」と入ったZIPPOライター「魚武 Armor ZIPPO」です。
従来のZIPPOに比べ1.5倍の厚みの真鍮製(クロムメッキ加工)アーマーZIPPO(#162)をベースに表面には、シルバー950で「魚武モノグラム」、裏面にはシルバー950で「俺」と「三代目魚武濱田成夫」の文字が彫刻されたシルバー製プレートが輝いております。 プレート文字の底面には江戸金工の伝統技法「粗し」がくまなく施されております。まさに愛煙家の三代目魚武濱田成夫が愛用している物と同じZIPPOライターです。


  【彫銀製魚武モノグラム・八角シルバーペンダントトップ】
詩人三代目魚武濱田成夫が最初に彫銀に依頼したのが、このペンダントトップ。
この出来の素晴らしさに感動した詩人魚武は、すぐに第2弾の制作を依頼したという。そうして出来上がったのが「彫銀製18金ゴールド&シルバー魚武モノグラムリング」である。 その後、さらに詩人魚武は「彫銀製18金ゴールド&シルバー魚武モノグラムペンダントトップ」の制作を依頼している。
  【彫銀製18金ゴールド&シルバー・魚武モノグラムリング】
詩人三代目魚武濱田成夫が、他に類を見ない彫銀の技術と仕事ぶりに惚れ込んで2005年に制作を依頼し完成したリング。
魚武モノグラムが正面に正確に施されているデザインのリングは、これが一番最初のものであり、ゴールドを使用した精密な魚武モノグラムの18金での実現は彫銀との出会いなくして不可能だったと言えるだろう。
 
【彫銀製18金ゴールド&シルバー・魚武モノグラムペンダントトップ】
「彫銀製18金ゴールド&シルバー魚武モノグラムリング」と同じく、詩人三代目魚武濱田成夫が彫銀に制作を依頼し完成した18金魚武モノグラムとシルバーのコンビペンダントトップ。
裏面には魚武のデザインした「俺」の字が彫り込まれている。18金を使った魚武モノグラムのペンダントトップは、これが一番最初のものである。

 
 
Copyright © 2003 HORIGIN.All Rights Reserved.